ドナルド・トランプがネットワークビジネス侮辱に吠えた!

不動産王ドナルド・トランプ氏のことは、もうみなさんご存知ですね。
最近ではアメリカ大統領選挙の共和党候補としてもニュースに頻繁に出てきます。

そして、その暴言っぷりも知れ渡っています。

あまりの過激な言動に早々にそっぽを向かれると思いきや、
今や大本命のヒラリー・クリントンさんをも本気で脅かす存在に
なっているというから驚きです。

もちろん、私、トランプさんや彼の暴言を支持しているわけではありません。
本当に大統領になったらシャレにもなりません。
絶対にならないで欲しい。(個人的な意見です。)

ただ、嫌われながらも人気があるのは、
彼が「普通の人が言いにくいこと」を「ずばっ」言い抜いてしまうところ
なのだと思っています。

FreeDigital Photos

トランプ氏はネットワークビジネスを選ぶそうだ!

この話は結構有名なので、ご存知の方も多いかもしれません。

アメリカのとあるTV番組でこう聞かれました。

司会者:
「もし、今、あなたが仕事も、財産も、全て失ったらどうする?
  やはりまた不動産から始めるの?」

ドナルド・トランプ氏:
「いいネットワークビジネスを見つけて、早速ネットワークを作り始めるよ」

すると観客席からどよめきが。
恐らく観客は、億万長者であるトランプ氏から資産を残す策を聞けると期待していたのに、
彼が意外なことを言うので、いっせいにブーイングが起こったのではないでしょうか。

その時トランプは吠えた!

「だから皆さんはそちら側に座って私のトークを聞き、
  私はこの様にゲストとして呼ばれているのです」

そう答えると、会場は静まり返ったそうです。

FreeDigital Photos
あなたはどちら側を選ぶ?

彼の発言は、正直、聞く人の立場次第ですよね。
ある特定の宗教を排斥するような発言や、ある特定の国に壁作るとか…(困)
は危険ですが、

この話のように、ネットワークビジネスの可能性を公言してくれると、

「そーだ!そーだ!」と
スカっとしちゃったりしますもんね。

彼はビジネスにおいては、素晴らしい才能を持ち合わせていますから。


ネットワークビジネス、結局は自分の選択です。

まあ、今回はネットワークビジネスのビジネスモデルは、
億万長者からも支持されている、ということをお伝えしたく書きました。

話のネタにもなりますし。(笑)

結局やるやらないは、自分次第です。

私はネットワークビジネス自体がビジネスモデルとして賞讃されていることは
ビジネス書などで知っておりましたが、まさか自分がやろうとは想像もしていませんでした。

なぜかと言うと、友人知人を勧誘しなければいけないからです。
友達なくしそうで。
もう二度とそんな経験はしたくないからです。
  (以前、外資系生命保険の外交をしていました。詳しくはプロフィールを!)

しかし時代は変わり、今はなんと
インターネットでネットワークビジネスが出来るではないですか!

これなら、始めない理由がありません。

だから、
私はもう始めました!
よかったら資料請求して下さいね。
   ↓↓↓↓
バナー 女子2人400×400

※しつこい勧誘は一切ありません。