ネットワークビジネスで権利収入を!

権利収入は資産家や作曲家だけのものなのか?

権利収入と聞いて、みなさんはどんなイメージをお持ちですか?

詳しくはわからなくとも、とても魅力的な響きですね。
少なくとも私には。(笑)

ここで今一度「権利収入」について認識しておきたいと思い、
権利収入と言う言葉を調べてみたのですが...

なんとなんと、予想もしない事実が。

ネット辞書で「権利収入」と引いてみるのですが、

goo辞書 なし
excite辞書 なし
三省堂 Web Dictionary なし
Yahoo辞書 なし
weblio辞書 なし
ウィキペディア なし

検索しても、該当なしとなるのです。

もしかして、権利収入というのはちゃんとした日本語ではないのかもしれません。
今のところ、辞書には載っていない不採用語といったところでしょうか。
(この点について徹底的に調べたわけではないので、断言できません。ご容赦ください。)

新事実発見です。(笑)

であるにも関わらず、ここまでこの言葉が先行してしまうのには、
この言葉が、実に言い得て妙で、魅力を感じてしまうからでしょうね。
ちなみに不労所得は辞書に出てきます。

余談はさておき、権利収入をどう考えるかですが、
自分が動かなくてもお金が入ってくる仕組み
と私は考えています。

Image courtesy of Jeroen van Oostrom at FreeDigital Photos

権利収入にはどんなものがあるのか?

例えばこんなものが。

不動産があり、その家賃収入など
作家や作曲家などの印税など
金融資産の利息など
特許料など
少額から始める投資
ネットワークビジネスなど

どうですか?
私は権利収入を得られる人達をざっくり3つのタイプに分類できる
のではないかと考えています。

①親などから受け継いだ【棚ぼたタイプ】
②類まれな能力に恵まれた【才能タイプ】
③努力して仕組を築き上げた【凡人だって出来るんだ!タイプ】

あなたが①のような資産や、②のような才能をお持ちなら、
迷わずそれらを有効活用されてください。

でも、③のような人間であっても権利収入を得るチャンスはあるんです!

比較的小さな金額でスタートできるものが向いているでしょう。

例えば
最初は少額投資で始めるワンルームマンションへの賃貸業とか、株とか、FXとか。

いわゆる投資ですね。

そして投資にはもう一つあって、
ビジネスに投資するという考え方もあるでしょう

Image courtesy of Stuart Miles at FreeDigital Photos

ネットワークビジネスと権利収入

ネットワークビジネスは別名MLMと言い、
意味はマルチ・レベル・マーケティングとなります。

日本語にするとマルチ商法とも言われ、非常に印象が良くないです。(汗)

マルチ・レベル・マーケティングがどういうことかと言うと、
ビジネスの参加者(会員)が自らが販売網の一部となり、
多階層(ピラミッド型)の販売員組織を形成していく様から
そう呼ばれるのだと思います。

Image courtesy of pakorn at FreeDigital Photos
そして自分をピラミッドの頂点と考えた時、
自分より下の層で発生した売り上げの何%かを、
永続的に得ることができるのです。

これが権利収入と呼ばれる所以ですね。

一度販売組織網を作ってしまうと、
自らが動かなくとも収入が発生するのです。

この点は大いに、魅力的ですね!

ただ、いいことばかりではありません。

権利収入の怖い落とし穴

物事にはすべて裏表があります。

良い面があれば、半面悪い面もあります。

ネットワークビジネスの権利収入についても同様で、デメリットもしっかりありますから
そこはしっかり承知しておいて下さい。

MLM会社が潰れたらパーになる。

国からもらえる年金。
でも、もし国が破綻したら年金制度も破綻します。

ネットワークビジネスも同様です。
所属しているMLM会社が破綻すれば、権利収入どころの話ではりません。

しかもMLM会社の5年存続率はわずか0.1%なのです。

Image-courtesy-of-seaskylab-at-FreeDigital-Photos
一生懸命組織を作り上げても、水の泡となるかもしれません

 参考記事:MLMは会社とチーム選びが重要なんです。(←ぜひ読んで!)

すぐには稼げない。

組織を構築するのは、それなりの時間と労力が必要です。
そこを乗り越えられないと、正直厳しいです。

残念なことではありますが、もったいないこと道半ばで
離脱される方が多いのもまた事実です。

自分自身も購入し続けなければならない。

自分自身も買い続けなければ、多くの場合ビジネス会員の要件を満たすことが
できません。ビジネス会員の資格がなければ、権利収入は受け取れません。

続けていける金額であるか、始める前に確認が必要です。

私はもう始めました!
     ↓↓↓↓
画像の説明