「保育園落ちた 日本死ね!」と題したブログが大炎上

それは2016年2月15日のこと。

「保育園落ちた日本死ね!!!」と題したとあるブログが
日本中を騒がせたことは記憶に新しいのではないでしょうか。

このブログは大炎上。
国会でも取り上げられて、政争の具とされました。

内容はみなさんご存知と思いますが、軽く触れておきますと、

保育園を探していたのに見つけられず、
職場復帰が難しくなってしまったと思われる母親が

自身のブログで、

何なんだよ日本。
一億総活躍社会じゃねーのかよ。
昨日見事に保育園落ちたわ。
どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

クソ、ボケ、ふざけんな、いい加減にしろと

お世辞にも綺麗な言葉とは言えないような表現で、真情を吐露したのです。

同じ子を持つ女性として、気持ちがわからないこともないのですが。
ただ、あまりにも表現が拙く汚くて、返って共感できないような...

まあ、本人もこんなに物議を呼ぶことになろうとは考えていなかったでしょう。
この匿名の愚痴のようなブログを国会で取り上げる方が、下衆かもしれませんね。

画像の説明

子育て主婦が働けない、待機児童の問題

働きたいのに、働けない...

そんな嘆き声は多いです。

その理由の1つが待機児童の問題です。
今や社会問題となっています。

子供が生まれた後に復職しようにも、大切な子どもを預かってもらえなければ
働きに出れないのですが、これは単に保育所の数の問題だけではなさそうです。
担い手である保育士さんの待遇の問題もありますし。
もっと奥には核家族化の問題もあるかもしれません。

少し話が逸れますが、「うるさくて近所迷惑だから」との近隣住民の反対運動で
千葉県市川市の保育園の建設がとん挫したそうです。

あるTV番組のキャスターが、「これじゃまるでゴミ問題ですよ。」
と言ってました。つまり、
必要だけど、自分の近所にはゴミ処理施設は出来て欲しくないというのと同じ、
とのことでした。

本当に、こんなことでいいのでしょうか。
子供の声は騒音なの?
日本の社会は子供を、子育てを、受け入れなくなってきてしまったのでしょうか。
ちょっと悲しくなりますね。

FreeDigital Photos


子育て主婦が輝くには?

少し厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、国を一方的に批判している人は、
結局は国からの擁護を受けたい人のように、私には見えてしまうんです。

もちろん、安心して暮らせる日本であって欲しいけど、
そうじゃない厳しい状況に陥った時にも、
自分や自分の家族は自分の手で守りたい。
そう私は思うのです。

私も子育てママしてますが、
どこかの組織に依存するような働き方はもう辞めました!

つまり、自分で自分のビジネスを持ったのです。

しかも、自宅で!
子育て・家事の合間の時間を使って!!

子供を学校に送り出したら、朝食の片づけ、洗濯、お掃除。
そしてパソコンを開いて、そっとスイッチを入れます。
ここからが私の仕事時間。

子供達と多くの時間を一緒に過ごせるし、
学校の行事や参観も出席できるし、
子供が風邪をひいても一緒にいてあげられます。

どこかに勤めるだけが仕事じゃないと思います。
保育所なんかに預けなくったって仕事はできます。

少し視野を広くすれば、きっかけはゴロゴロ転がっています!(笑)

私のビジネスが、あなたのきっかけになれば幸いです。
よかったら、ちょっと覗いてくださいね。
      ↓↓↓↓
shiryoseikyu7